中古マンション

より良い中古マンションを購入する為に、販売員に聞いておきたい内容


スポンサーリンク


ここでは、中古のマンションを購入する場合に、良いマンションを購入する為に、マンションの販売員に、聞いておきたい点について紹介しています。


より良い中古マンションを購入する為に、販売員に聞いておきたい内容


中古マンションを購入する場合には、自分で、どのような点に注意する必要があるかを調べておかないと大切な事を確認しないで、中古マンションを購入することになる可能性があります。


ここでは、中古マンションを購入後、トラブルにならない為に、購入する前に不動産会社の販売員などに確認しておくと良い内容について紹介しておきたいと思います。
不動産会社の販売員に確認しにくい場合もあるかも知れませんが、あなたと不動産会社の両方がトラブルを起こさない為に行なう事ですので、ためらわずに確認するようにしましょう。


実際に、不動産会社の販売員に確認しておく内容は、
 ・これまでに行なわれた修繕工事
 ・修繕積立金は、計画的に積み立てられているか
 ・これからの修繕計画
 ・部屋のリフォームの可能な範囲
 ・電気の容量アップは可能か
 ・購入した設備の不良や汚れ
 ・瑕疵担保期間とアフターサービスの期間
 ・保証の範囲
 ・事務所や店舗、賃貸として貸している部屋の有無

のような内容なります。




これまでに行なわれた修繕工事


中古マンションを購入する場合には、今までに、行なわれてきた修繕工事についても確認しておく必要があります。
適性に修繕が行なわれてきている場合には、マンション自体の劣化を抑える事ができ、マンションの耐用年数が長くなっている可能性があるからです。




修繕積立金は、計画的に積み立てられているか


修繕積立金が計画的に積み立てられていない場合には、もしも、マンションの修繕が必要になった時に、足りない修繕費を多数決で、強制的に出費する必要が出てくる場合があります。

このような場合には、急に修繕一時金が必要となり、まとまったお金を出す必要が出てくる場合があります。この為、修繕積立金がきちんと積み立てられていると、急な出費も抑えられることができます。

また、計画的に行なわれている場合には、管理組合がしっかりと、マンションの維持管理に取り組んでいる為、保守、点検などもしっかりと行っている可能性が高くなると想像できます。




これからの修繕計画


中古マンションを購入する前には、マンションの修繕計画を確認しておくようにしましょう。実際に、いつ、マンションの修繕を行なうかを把握しておいてからマンションの購入を行うようにしましょう。

もしも、マンションを購入して、すぐに、大規模な修繕が行なわれた場合には、住宅ローンの返済にプラスして、さらに修繕一時金を支払う必要が出てくる可能性も有りますので、必ず修繕計画については確認するようにしましょう。




部屋のリフォームの可能な範囲


将来的に、部屋の利用目的や利用人数が変わったりした場合や、部屋のイメージを変えたいと思った時には、部屋をリフォームする人も多いと思います。

このような場合に、マンションを購入する前から、どのくらいまでのリフォームが可能であるかを確認しておくと、将来、リフォームを行ないたいと思った時に困らないですみます。

特に、水回りが絡むリフォームについては、どの程度、リフォームが可能であるかは確認しておくようにしましょう。




電気の容量アップは可能か


将来のリフォームを行なった時の為や、子供が出来て家族が増えたり、また、家電製品が増えてきた時には、使う事が可能な電気の容量も増やしたいと思う事があるかも知れません。

このような将来の事を想定して、マンションを購入する前から、電気の容量を増やす事が可能であるかを把握しておく事は大切です。



購入した設備の不良や汚れ


マンションに元々、設置してある、換気扇や給湯器などの設備についても、もしも不良が発生したり、汚れがあった場合には、購入した人が修理やクリーニング代の費用を負担するのか、また、販売した人が修理やクリーニング代の費用を負担するのかもはっきりとさせておきましょう。



瑕疵担保期間とアフターサービスの期間


瑕疵担保期間とアフターサービスの期間についても、中古マンションを販売していた不動産会社が、中古マンションの購入後に、どれだけの期間を保証してくれるのかを確認しておくと良いでしょう。
このような重要な内容については、書面で質問して、書面で解答してもらい、証拠として残せるようにしておきましょう。



保証の範囲


保証の範囲は、中古マンションを販売していた不動産会社が、中古マンションの購入後に、どれだけの範囲を保証してくれるのかを確認しておくと良いでしょう。
このような重要な内容については、書面で質問して、書面で解答してもらい、証拠として残せるようにしておきましょう。




事務所や店舗、賃貸として貸している部屋の有無


もしも、賃貸にしている部屋や事務所、店舗などにしている部屋がある場合には、マンションの建て替えや修繕を行うような場合になった時など、マンションを利用している人の意見を合わせる必要がある場合には、賃貸で住んでいる人や事務所や店舗で利用している人の場合には、マンションを購入して住んでいる人とは、考え方に違いが出てくる可能性があるので、意見が合わなくなりもめる可能性があります。



書面で確認しておくと良い内容


特に、下記のような内容については、「書面」で確認しておくと良いでしょう。


 ・これまでに行なわれた修繕工事
 ・修繕積立金は、計画的に積み立てられているか
 ・これからの修繕計画
 ・部屋のリフォームの可能な範囲
 ・電気の容量アップは可能か
 ・購入した設備の不良や汚れ
 ・瑕疵担保期間とアフターサービスの期間
 ・保証の範囲









【ポイント】








スポンサーリンク


2008年11月02日 07:00