中古マンション

中古マンション購入前の管理についてのチェックポイント


スポンサーリンク


ここでは、中古マンションを購入する前にマンションの管理に関して、確認しておくべきチェックポイントを紹介しています。


中古マンション購入前の管理についてのチェックポイント


マンションを購入する場合には、マンションの値段や立地、部屋の広さや設備、間取りなど、色々な点をチェックしてからマンションの購入を決めると思います。


このように、マンションを購入する場合には、新築のマンションであれ、中古のマンションであれ、色々な事を確認して購入するかどうかを決めると思いますが、この購入前に確認しておく事が必要な事に、「マンションの管理体制」についても確認をしておく必要があります。



中古マンションを購入する場合でも、新築と同じように、マンションの管理をどのようにしているかと言うのもマンション選びの大切な点になります。
これは、マンションの管理がどのように行なわれているかという事が、のちのちのマンションの資産価値の違いにつながるからです。


もしも、マンションの管理がいいかげんな場合には、マンションの状態が悪くなり、資産価値が下がってしまいます。しかし、マンションの管理がしっかりと行なわれているマンションの場合には、マンションの資産価値の下がり具合も少なくてすみます。


ここでは、特に中古マンションの購入を検討している人が、中古マンションの購入前に、マンションの管理がどおように行なわれているかのチェックポイントを紹介しておきたいと思います。




中古マンションの特徴


中古マンションを購入する前のマンションの管理に関するチェックを行なう場合の特徴は、新築のマンションを購入する場合では、モデルルームしか見れない場合が多いのに対して、中古マンションの場合には、実物を確認してから購入を検討できる点です。




中古マンションを購入する前のマンション管理のチェックポイント


中古マンションを購入する場合のマンションの管理に関するチェックポイントは、以下のような点になります。


・共用部分の廊下、エレベーターなどの確認
・郵便箱の確認
・掲示板の確認
・駐輪場の確認
・集会場の確認
・前のマンション所有者の管理費、修繕積立金
・修繕計画の確認
・管理組合の確認
・どのような人が住んでいるかの確認



【共用部分の廊下、エレベーターなどの確認】

共用部分の廊下やエレベーター、エントランスなどがいかに綺麗に使われて、清掃がされているか、または、修繕が行なわれているかは、そのマンションの管理組合がいかにマンションの管理を大切にしているかを見る事ができます。



【郵便箱の確認】

マンションには、マンションの入り口に、そのマンションの郵便箱がまとめて設置されている場合が多いと思います。

この中古マンションの郵便箱が綺麗に使われているかを確認しておきましょう。
綺麗に使われているかどうかや、清掃がされているかを確認しておく事で、そのマンションに住んでいる人がどれくらいの意識をもって、マンションの管理をしているかが見えてきます。



【掲示板の確認】

中古マンションの場合には、掲示板にも、既に色々な掲示がされていると思います。
この掲示板に、古い資料が貼りっぱなしになっている場合や、低レベルの注意事項が貼ってある場合などは、そのマンションに住んでいる人がどのような人であるかの想像がつくと思います。



【駐輪場の確認】

駐輪場については、綺麗に整理されているかどうかも、そのマンションにどのような人が住んでいるかを知る事ができる情報源になります。



【集会場の確認】

マンションの集会場を確認しておく事で、どのようにマンションの集会場が使われているのかを確認する事で、そのマンションに住んでいる人のマンションの管理に対する意識を確認する事ができます。

もしも、マンションの集会場が清掃されていない場合や修繕が必要なのに修繕が行なわれていない場合には、マンション自体の管理も十分に行なわれていない可能性があります。



【前のマンション所有者の管理費、修繕積立金】

もしも、前のマンションの部屋の所有者が、マンションの管理費や修繕積立金の支払いを行わないで、滞納してる場合には、次に、そのマンションの部屋を購入した人が、代わりに管理費や修繕積立金の支払いを行う必要がでてきます。

この為、余分な出費を抑えるためにも、マンションを購入する前に、前のマンションの部屋の所有者が管理費や修繕積立金を滞納していないかは、不動産業者に確認しておくようにしましょう。



【修繕計画の確認】

マンションの管理を正しく行なっているマンションでは、修繕計画がしっかりと計画されています。このマンションの修繕計画がしっかりと計画されているかを確認する事で、マンションに住んでいる人のマンションの管理に対する意識を確認する事ができます。

この時に、マンションの大規模な修繕工事がいつ行なわれるかも確認しておきましょう。大規模な修繕を行なう時には、一時金の支払いを行う必要が出てくる可能性もありますので、中古マンションの購入して、大きな出費があって、すぐに一時金が必要になるとかなりの家計の負担になりますので、一時金がいつ必要になるかも確認しておきましょう。



【管理組合の確認】

管理組合とは、マンションに住んでいる人やマンションの部屋を所有している人などが中心となり、マンションの管理をどのようにおこなって行くかを計画する組合です。

この管理組合は、定期定期に総会や理事会などが開催されているかどうかを確認しておく事で、そのマンションに住んでいる人の意識レベルを確認する事ができます。

実際に、確認する場合には、管理組合の総会や理事会の議事録を確認させてもらうと良いでしょう。



【どのような人が住んでいるかの確認】


中古マンションにどのような人が住んでいるかも確認しておく必要があります。
例えば、家族で住んでいる人が多いマンションと投資目的で購入する人が多いマンションとでは、マンションの部屋の所有する気持ちに違いがあります。

この為、もしも、あなたが投資目的でマンションを購入しようと思っている場合に、そのマンションを購入して住んでいる人が家族で住んでいる人が多い場合には、管理組合などの総会や理事会で行なわれる話し合いが、なかなか意見が合わない可能性があり、後々、マンションの管理方針でトラブルになる可能性が出てきますので注意が必要です。








【ポイント】

中古マンションを購入する場合には、マンションの現状を確認できるのがメリットです。少し聞きにくいと思うような事でも、全て確認してから納得して、中古マンションを購入するようにしましょう。







スポンサーリンク


2008年10月02日 07:00