マンションの共用部分・管理

マンションの共用部分の管理について


スポンサーリンク


ここでは、マンションの全体的な資産価値を維持するためにも大切になるマンションの共用部分の管理について大切な事を紹介しておきたいと思います。


マンションの共用部分の管理について


マンションの資産価値は、生活をしている事によって、毎年、価値が減っていく事になります。しかし、この資産価値が減っていくスピードは、マンションをどのように維持管理していくかによって後々の資産価値が違ってきます。


このマンションの管理は、もちろん、個々人のそれぞれの部屋を自分でどのように管理して、資産価値を維持していくかという事も大切になりますが、自分の部屋の維持管理は、自分で自由に行う事ができます。



また、マンションの場合には、維持管理を行なう場所は、自分の部屋以外にも共用部分についても維持管理を行なう必要もあります。このマンションの共通部分については、あなたが自分の意志だけではどうするかを決める事ができません。


この為、マンションの共用部分の維持管理については、マンションを購入する前に確認しておく事が大切になります。ここでは、まずは、このマンションの共有部分の維持管理には、どのようなものがあるのかを紹介しておきますので、マンションの共用部分では、どのような維持管理が必要になるかを理解して頂ければと思います。




マンションの共用部分の維持管理とは


マンションの共用部分で行なう、維持管理には、マンションの清掃やメンテナンスを行なう必要があります。このマンションの清掃やメンテナンスは、下記のように2つに分類する事が出来ます。


【マンションの維持管理の2つの分類】

・日常的に行なうマンションの管理
・長期的な視点で行なうマンションの管理
・その他の管理


マンションの維持管理を行なう方法には、上記のような3つに分類できます。
次に、この3つの分類をそれぞれ、どのような事を行なうのかを説明していきたいと思います。




日常的に行なうマンションの管理


日常的に行なう、マンションの管理とは、

マンションの共用部分の清掃を行なう事が含まれます。
この共用部分の清掃は、マンションのエントランスや共用部分の廊下、階段、ホールなどが該当します。

また、日常的な管理には、上記のような清掃以外にも、照明の点検、交換や排水設備や給水設備の点検や補修なども含まれます。




長期的な視点で行なうマンションの管理


マンションの長期的に行なう管理とは、10年おきなどに行う、マンションの大規模に行なわれる修繕が該当します。これは、修繕を行なう事自体も、長期的な管理になりますが、修繕計画を立てる事も長期の管理に該当します。




【その他の管理】


その他の管理とは、マンションの共同生活を維持する為に必要となるルールを記した管理規約や使用細則を作成する事や、これらの規約などに基づき、マンション内のトラブルに対処する事も大切な、マンションの管理を行なう為の仕事になります。








【ポイント】

マンションの維持管理には、
 ・日常的に行なう管理
 ・長期的に行なう管理
 ・その他の管理
の3つに分類して理解すると理解しやすくなります。







スポンサーリンク


2007年12月14日 12:00