マンションの共用部分・管理

マンションの共用部分の管理方法


スポンサーリンク


ここでは、マンションの共用部分の管理を行なう場合に、マンションの管理には、どのような方法があるかについて説明しています。


マンションの共用部分の管理方法


マンションの共用部分の管理を行なう方法には、一般的には、
 ・自主管理
 ・一部委託
 ・全部委託
の3つの方法があります。




自主管理でのマンションの管理方法


自主管理とは、マンションの日常的な管理、長期的な管理などのマンションの維持管理をマンションに住んでいる人で構成されている管理組合が全てを行なう方法になります。

自主管理の場合には、マンションの管理をマンションに住んでいる人が自分達で行なう事になりますので、自主管理を行なっているマンションである場合には、管理業務の負担が大変になりますので、自主管理を行なっているマンションは少ないようです。

もしも、購入しようと思っているマンションが自主管理になっている場合には、管理業務を行なう必要も出てきますので、その点を考慮して決める必要があります。




一部委託でのマンションの管理方法


一部委託で、マンションの管理を行なっている場合には、マンションの基本的な管理については、マンションに住んでいる人で構成されている管理組合で行なう事になります。

ただし、一部委託の場合には、マンションの清掃やメンテナンスと言った作業については、管理会社に委託する方法を取る事になります。
この為、自主管理に比べて、マンションに住んでいる人に対する負荷は少なくなります。




全部委託でのマンションの管理方法


マンションの管理を行なう方法で、全部委託の方法を取っている場合には、日常的に行なうマンションの維持管理に関連する作業は、全て、管理会社に業務を委託する事になります。

この為、マンションの管理組合は、
 ・管理規約の作成や変更
 ・長期修繕計画の作成や変更
などを行なう事になります。

このように、日常的な管理に関しては、管理会社に全て委託する事によって、マンションに住んでいる人の作業をほとんど無くす事が可能になります。

このように、全部委託を利用した場合には、マンションに住んでいる人の負担が少なくなりますので、この全部委託は、多くのマンションで採用されている方法になります。









【ポイント】

マンションをどのような方法で管理を行なっているかによって、実際にマンションに住みだしてからの行なう事になる負担が違ってきますので、管理方法を確認していないでマンションを購入すると思わぬ作業負担がある場合がありますので、購入前に確認しておきましょう。







スポンサーリンク


2008年01月15日 07:00