マンションの共用部分・管理

マンションの共用部分の管理を行なう仕組み


スポンサーリンク


マンションを購入して住む場合には、マンションの共用部分の管理の仕組みについて理解しておく方が良いでしょう。


マンションの共用部分の管理を行なう仕組み


マンションに住む人は、マンションの管理がどのような仕組みで行なわれているかを知っておく事は、マンションに住む人にとって、基本的な事ではないでしょうか。
この為、ここでは、マンションの管理についての仕組みを紹介しておきたいと思います。


また、ここでは、マンションの管理の仕組みを説明するに当たり、多くのマンションで採用されている管理方法である、全部委託の場合について説明したいと思います。


全部委託でマンションの管理を行なう場合には、基本的な管理方法を決定するのが、管理組合です。管理組合の決定した管理方法に従って、実際に、マンションの点検やメンテナンスなどの管理を行なうのが管理会社になります。




管理組合が行う事


管理組合は、マンションの居住者や区分所有者で構成される事になります。
管理組合は、マンションの基本的な
 ・管理規約
 ・長期修繕計画
などのマンションの管理方法についての基本方針を決める事になります。


管理規約は、マンションの基本的なルールが記載されているもので、マンションに住んでいる人や区分所有者などの権利や義務が記載されています。



管理組合によって決まった、長期修繕計画に則って、中期や長期に行なわれるマンションの点検や修繕などの作業が管理会社によって行なわれる事になります。
また、この長期修繕計画によって、毎月支払う事になる修繕積立金の額が決まる事になります。


このように管理組合によって、決める事ができる「管理規約」、「長期修繕計画」は、管理組合が開催する、マンションを所有する人達の総会や理事会などによって、変更を行なう事が可能です。



マンションを建てたばかりや、これから建設を行なう場合などは、まだ、管理組合が出来ていない場合には、管理規約や長期修繕計画の作成は、不動産会社か管理会社が作成しているようです。




管理会社について


マンションの管理を行なう場合には、多くのマンションでは、日々の管理業務を住民の負担を軽減する為に、管理会社に、マンションの管理を任せる事が多いです。


この管理会社は、管理組合が決めた
 ・管理規約
 ・長期修繕計画
などにのっとって、日頃のマンションの管理を行なっていく事になります。









【ポイント】

マンションの管理規約や長期修繕計画を決める場合には、決議で決められます。
この決議は、住戸を多く持っている人の方が議決権を多く持つ事になります。
その為、そのような人が居るマンションでは、そのような人の意見に大きく影響される事がありますので、注意が必要です。







スポンサーリンク


2008年12月18日 08:00