マンションの共用部分・管理

マンション購入前に行なう共用部分の管理にまつわるチェックポイント


スポンサーリンク


ここでは、マンションの管理について、マンションを購入する前に確認しておく必要がある内容について紹介しています。


マンション購入前に行なう共用部分の管理にまつわるチェックポイント


マンションの購入を行なう前に確認しておきたいのが、マンションの管理に関連する事柄です。マンションは、ある意味、複数の人による共同生活的な要素がありますので、どのような管理が行なわれるかを理解しないで購入すると後悔する事になるかもしれません。


例えば、管理規約を知らずにマンションを購入した場合には、マンションの維持管理が適当であると、マンションの資産価値が下がる事があります。また、無駄に高い管理費用や修繕積立金を支払う事になるかもしれません。



マンションの管理についてのチェックが必要な点


マンションの管理に関連するチェックを行なう必要がある点は、まずは、マンションの「管理規約」を確認する事です。
分譲マンションの場合には、基本的に、不動産会社が「管理規約」の案を作成していると思いますので、まずは、「管理規約」のコピーを取りましょう。
このコピーした「管理規約」を持って帰り、詳しく時間をかけて、「管理規約」に問題が無いかをチェックする必要があります。


「管理規約」は、法律の条文のような感じで書かれている為、なかなか読むのが大変だと思いますが、「管理規約」についての解説書などが、書店で販売されていますので、参考にすると「管理規約」が読み易くなると思います。


また、多くの場合が、「管理規約」は、国土交通省が出している「マンション標準管理規約、使用細則」に手直しをして作成している事が多いので、「マンション標準管理規約、使用細則」とコピーした「管理規約」とで、違いがある部分を特に重点的に確認すると効率的だと思います。




「管理規約」のチェックポイント


マンションの「管理規約」を実際に、確認する場合には、

 ・一部の人に有利な条件が明記されている
 ・管理会社の変更が自由に出来なくなっている
 ・管理会社に有利な条件が明記されている
 ・マンション購入者にとって大切な重要な項目が削除されている
 ・売れ残った部屋が本来負担する事になるはずであった管理費、修繕費について
 ・ペットを飼って良いか
 ・リフォームがどこまで可能であるか

などの項目については、確認しておきたい点になります。


基本的には、「管理規約」によって、管理会社が自由に変えれないなどの不利益になる条件が無いか、また、一部の人に有利な条件が無いかなどは、基本的にチェックしておくべきです。








【ポイント】

マンションの「管理規約」は、マンションに住む人のルールブックであり、ある意味、マンションの法律みたいなものですので、解説がついた書籍を購入して「管理規約」を十分に理解するようにしてからマンションを購入しましょう。







スポンサーリンク


2008年12月02日 08:00