マンションの共用部分・管理

後悔しない為の、マンションの管理に関連する、マンション購入時の注意点


スポンサーリンク


ここでは、マンションの管理関連に関する事柄のなかで、マンションの購入前に注意して確認しておく事で、マンション購入後に後悔しないで済むかもしれないと思える注意点を紹介しています。


後悔しない為の、マンションの管理に関連する、マンション購入時の注意点


マンションの管理関連で、しっかりと注意して、確認をしておかないとマンション購入後に後悔する事になるかもしれません。
そのような事にならない為にも、確認しておいた方が良い点を紹介しておきたいと思います。


ここで、見ていく内容は、

 ・「管理規約」の内容
 ・管理組合の議決権
 ・マンションに住む人の種類
 ・管理費、修繕積立金

の4つの注意点になります。




「管理規約」の内容の注意点


マンションでは、マンションに住む人の基本的なルールを定めた「管理規約」というものが存在します。

この「管理規約」に、
 ・1部の人に有利になる条件
 ・管理会社に有利な条件
 ・リフォームについての条件
 ・ペットについての条件
などの条件が記載されています。


この「管理規約」に、記載されている条件に問題が無いかを注意して確認する必要があります。基本的には、1部の人や管理会社に利益になるような点があるかを確認するのと、ペットなどの個人的に必要となる条件の2つを意識して、「管理規約」を確認すると良いでしょう。




管理組合の議決権の注意点


マンションによっては、マンションの土地を提供した人が、土地代の代わりに、マンションの部屋や駐車場などを自分の所有物にしている場合があります。


このような人が居る場合には、一般の人がマンションを購入したのと比べると、議決権を多く持っている事もあり、マンションの管理や修繕などに関して大きな発言権をもたれる事になります。


このような場合には、多くの議決権を持っている人の意志が通りやすくなり、あなたの意見が通りにくくなる可能性がありますので、あなたが望まなくてもマンションの建て替えが決まってしまう可能性もありますので、注意が必要です。
また、マンションの部屋を1人で複数所有する人も複数の議決権を持つ事になります。




マンションに住む人の種類の注意点


マンションを購入する人の中には、マンションを投資として考えて購入する人もいます。また、家族で生活する場所として、マンションを購入する人もいます。


このような投資目的と生活目的の2種類の違った考えを持った人が混在するマンションの場合には、マンションの建て替えや修繕などの議決を取るときに、それぞれの利害が全然違う為に、あなたが全く意図しない事がマンションの総会で決まってしまう可能性が出てきます。


この為、どのような人が、マンションを購入しようとしているのか、または、既にどのような人がマンションを購入しているのかを不動産会社に確認して、あなたがマンションを購入する理由と同じような理由でマンションを購入する人が多いマンションを購入しておくと、後々のトラブルが起こる確率を減らす事ができると思います。




管理費、修繕積立金の注意点


毎月、支払う事になる管理費や修繕積立金は、少ない方が良いと思う人は多いと思います。しかし、単純に管理費や修繕積立金の金額が少ないだけでは、不安があります。


と言いますのも、管理費は、マンションの共用部分の清掃などの日常の管理に使われる費用です。また、修繕積立金は、積み立てたお金で、マンションの外壁や廊下、エレベーターなどのメンテナンスを行なう必要として使われます。



このように、管理費と修繕積立金は、マンションの管理を行なうのに必要となるお金ですので、あまりにも、管理費と修繕積立金が少ない金額に設定されている場合には、十分な管理が行なわれない可能性もあります。


この為、マンションのメンテナンスがいい加減になってしまい、マンションの資産価値が下がってしまう可能性も出てきますので、あまりにも安い金額の管理費、修繕積立金が設定されている場合には、注意が必要です。



管理費、修繕積立金の金額については、周辺のマンションの管理費、修繕積立金がどれくらいの金額が設定されているかを調べて、あなたが購入しようと思っているマンションの管理費、修繕積立金の金額が適性であるかもチェックしておくと良いでしょう。


なお、管理費、修繕積立金の金額については、一生金額が変わらないというものではないので、当初の管理費、修繕積立金の金額が低くても、将来的に値上げされる可能性があります。








【ポイント】

マンションを購入した後に、後悔をしない為にも、マンションの購入を決める前には、時間をかけて、色々とチェックしておきましょう。







スポンサーリンク


2009年01月14日 07:00