新築一戸建て住宅

一戸建て住宅の開発規模による特徴の違い


スポンサーリンク


どのような一戸建てを購入するかと考えている時には、住宅の特徴以外にも大切なのが、その住宅が建っている地域ではないでしょうか。


一戸建て住宅の開発規模による特徴の違い


ここでは、建売り一戸建ての住宅を建てる時の開発規模による、住宅や住宅の周りの環境などの特徴を紹介しておきたいと思います。

住宅の開発規模は、ここでは、
 ・大規模
 ・中規模
 ・小規模
の3つの種類に分けて紹介しておきたいと思います。




大規模な開発規模


大規模な開発規模のに該当するのは、大手不動産会社などが中心となって開発が行なわれる郊外型のニュータウンなどが、大規模か開発にあたります。
住宅の戸数で言えば、数百戸単位から多いい場合には、数千戸単位での開発になります。


【大規模開発型のメリット】

大開発が行なわれ新しい町が出来る事になりますので、街並みが整っており、公園などが設けられている事があります。
また、新しくできた町である為、道路の幅も広く作成されており、歩道も設けられています。

住宅自体も、郊外に作られるという事もあり、住宅の敷地が大きく取る事が可能である為、比較的敷地面積が広くなっている事も多いようです。
この為、公的な融資も受け易くなっています。


【大規模開発型のデメリット】

大規模開発が行なわれるのは、郊外であるのが一般的です。
この為、都心までの交通のアクセスに時間を要する事が多く、通勤時間が1時間以上かかる点などがデメリットです。

また、大規模の開発が行なわれた場合には、購入する住宅によっては、駅まで行くのに徒歩で10分以上もかかる場合があったり、バスで駅まで行く必要がある場合もあります。

さらに、大規模であるがゆえに、開発が行なわれた当初には、住んでいる人が少ない場合もり、このような場合には、商店などが十分に整っていないケースもあり、不便な場合もあります。




中規模な開発規模


中規模な開発規模とは、数十戸ぐらいの程度の規模の開発のことを言います。


【中規模開発型のメリット】

大規模開発の場合と比べると、比較的に都心に近くなる傾向があり、都心へのアクセスへの負担が軽減されます。
開発が行なわれる地域が良い場合には、街並みの整備ができ、整った感じの街並みになる事があります。


【中規模開発型のデメリット】

大規模開発型と比較した場合には、敷地面積は多少、狭くなる傾向になります。
開発が行なわれる地域によっては、街並みの整備が中途半端な状態になっている場合もあります。




小規模な開発規模


数戸単位や一戸のみの開発が行なわれるのが、小規模開発になります。
小規模である為、既に住宅地が存在する場所に、新しい家を建てることが多いです。


【小規模開発型のメリット】

既にある町の中に住宅を建てる事になりますので、生活をするうえで必要となる商店、銀行、病院などがすでにある事が多く、利便性が高くなる傾向にあります。

また、比較的に、都心に近い傾向もありますので、交通のアクセスも整っており、生活がしやすい環境にある傾向があります。



【小規模開発型のデメリット】

既にある住宅地に、新しく住宅を建てている為、道路が大規模開発のように整備されていない事もあり、道路が狭く、また、車の交通量が多くなる傾向にもあります。

また、既存の町に住宅を建てている為に、土地が狭く、ギリギリの土地に住宅を建てる為に、隣の家との隙間が少なかったり、日当りが悪くなる可能性もあります。

中古である場合には、建て替えを行なう時には、住宅を建てる事ができる面積が少なくなる場合もあるので、このような点も、購入前には確認しておきたい点だと思います。

また、開発規模が小さくなっている場合には、小さな工務店が住宅を作成している場合もありますので、住宅を建てた工務店の信用度についても調べておくと間違いがないでしょう。







【ポイント】

大規模開発、中規模開発、小規模開発には、それぞれ、良い点、悪い点が存在します。
住宅の開発規模によっても、住宅環境が変わってきますので、どのような環境で生活をしたいのかを家族で話し合ってた結果を元に、住宅の開発規模も、住宅探しのヒントのひとつとして利用していただければと思います。







スポンサーリンク


2007年12月14日 21:00