中古一戸建て住宅

中古住宅の購入前の住宅チェック


スポンサーリンク


ここでは、中古住宅を購入する前に、チェックしておいた方が良いと思える部分について、どのようなチェクを行なったえば良いのかについて紹介しています。


中古住宅の購入前の住宅チェック


中古住宅を購入する場合には、価格面で、割安感がある点が一番の購入理由になりうると思いますが、一番心配なのが、その中古住宅の状態ではないでしょうか。


ここでは、このような住宅の状態を含めた、中古住宅を購入する場合にチェックしておいた方が良いと思える点を紹介しておきたいと思いますので、実際に、中古住宅の購入を検討している人の場合には、参考にされると良いと思います。



ここで、中古住宅についてチェックしていく点は、

 ・中古住宅が売りに出されている理由
 ・住宅環境、築年数の割りに割安でないか
 ・住宅の建物の状態は良好か
 ・アフターサービスの内容の確認
 ・付帯設備の確認
 ・当初の分譲業者の確認

のような項目になります。
実際に、下記で説明していますので、順番に読んで頂けると理解できると思います。




中古住宅が売りに出されている理由


中古住宅を購入する場合には、まずは、なぜ、その住宅が販売する事になったのかについての理由について聞いておく必要があります。

住宅を販売する理由が、住宅を買い替えた為や、転勤になったからという事が理由である場合には、問題はないと思いますが、もしも、近くに高層マンションが建設される為に日当りが悪くなるなどの良くない理由がある可能性があります。

この為、どのような理由で、住宅を売りに出しているかについては、確認しておくようにしましょう。



住宅環境、築年数の割りに割安でないか


もしも、住宅環境、築年数の割りに、価格が割安な中古住宅があった場合には、なぜ、価格が安いのかについても十分に確認しておきましょう。

価格が安いからには何か、それなりの理由があるはずです。
この為、広告などに書かれている内容をそのまま信用するような事はしないで、十分に確認するようにしましょう。



住宅の建物の状態は良好か


ここでは、中古住宅の建物自体の状態をどのような状態であるかを確認する方法を紹介しておきたいと思います。
ここで、見ていく項目は、
 ・建物の基礎の確認
 ・建物の土台の確認
 ・天井、外壁、内壁の確認
 ・洗面所、台所の床の確認
 ・ドアや窓の開閉の確認
のような内容になっています。


【建物の基礎の確認】

建物で一番、大切になるのが、建物の基礎部分になります。
この建物の基礎に問題があると、見た目の住宅の状態がどんなに良いように見てたとしても意味がありません。この為、住宅の基礎部分のチェックは大切になります。

まず、住宅が傾いていないかを確認する事になります。使う道具は、曲尺(かねじゃく)と水平器になります。この曲尺(かねじゃく)と水平器は、ホームセンターなどで販売していますので、購入しておきましょう。

また、ビー玉などの玉を床に置いて、住宅の傾きを確認する方法もあります。
もしも、ビー玉を床において転がった場合には、その床は傾いている事になります。


外壁、内壁などの壁に、もしも、亀裂が入っているような場合には、チェックが必要です。もしも、基礎となるコンクリート部分に亀裂がある場合には、基礎工事からやり直す必要が出てくる可能性もあります。

ただし、表面がモルタル塗りになっている壁の場合には、補修を行なう事で補う事がでいる場合もあります。


【建物の土台の確認】

床下を覗ける場合には、床下を覗き込み、住宅の基礎部分の鉄筋コンクリート部分にひび割れなどが無いか、また、ボルトなどの留め金がきちんとしているなども確認しておくと良いでしょう。
もしも、ひび割れがひどい場合には、専門家に頼んでチェックしてもらう事をオススメします。

また、建物の土台部分は、湿気やシロアリの被害にも合いやすい部分になりますので、建物の土台部分を雨が降っていない、天気が良い日に確認するようにしましょう。
天気が良い日に、建物の土台が濡れている場合には、注意する必要があります。



【天井、外壁、内壁の確認】

天井、外壁、内壁などについては、
 ・シミ
 ・カビ
がないかを確認する必要があります。

確認するのは、天井や外壁、内壁を隅々まで確認するのは言うまでもありませんが、押し入れやクローゼット部分の天井や壁などもしっかりと確認しておきましょう。
また、家具が置いてある場所や家具が置いてあった場所も注意して確認します。

できれば、天井裏などが見れる場合には、天井裏も確認するようにしましょう。
もしも、「シミ」や「カビ」が見つかった場合には、屋根や外壁のどこかに問題があり、雨漏りを起こしている可能性が高いでしょう。



【洗面所、台所の床の確認】

洗面所、台所なども水周りの部分の床は、住宅の中でも水を使っている部分なので、傷み易くなる可能性が高い部分だと言えると思います。

この為、洗面所や台所などの水周り部分の床を実際に、意識して歩いてみて、床がやわらかくなっていないかを確認しましょう。

もしも、床がやわらかくなっている場合には、
 ・木の床が腐っている
 ・シロアリに侵食されている
可能性がありますので、注意が必要です。



【ドアや窓の開閉の確認】

ドアや窓、ふすまや押入れ、クローゼットなどのドアのような、建物に備え付けてあるドアや窓の開閉がスムーズにできるかを確認しておく必要があります。

もしも、スムーズにドアや窓の開閉が行なえない場合には、
 ・建具の調子が悪い
 ・建物が傾いている
などのような可能性が出てきます。

建具の調子が悪い場合には、建具を調整したり、取り替えれば済みますが、建物が傾いている可能性もありますので、全ての窓、ドアなどの開閉についても確認をしておきましょう。



アフターサービスの内容の確認


中古住宅の場合には、中古住宅によって、アフターサービスの保証される年数の違いが出てくる場合もありますので、購入後のアフターサービスがどのようになっているかを確認しておく必要があります。

「中古住宅保証制度」を受ける事ができる住宅の場合には、5年間の保証を受ける事ができます。

また、大手の住宅メーカーなどの場合には、自社が建てた住宅を中古住宅として売り出す場合には、有料での調査、補修をおこなう事によって、住宅の基礎部分については、10年間の保証をしている住宅メーカーもあるようです。




付帯設備の確認


中古住宅の付帯設備とは、
 ・クーラー
 ・庭木
などが上げられます。

これらの付帯設備についても、住宅と一緒に販売するのかを確認しておく必要があります。また、もしも、住宅と一緒に付いてくる場合には、故障した時の修理を住宅の売り主が行なうのか、買い主が行なうのかについても決めておく必要があります。

このような、故障に関しては、キッチン周り、トイレ、バスルームなど、住宅の至る部分についても売り主と買い主の間で取り決めを行い、一覧表にしておくと、後々のトラブルを避ける事ができます。




当初の分譲業者の確認


当初の分譲業者の確認とは、売り主が住宅を購入した時の分譲業者になります。もしも、売り主も中古住宅を購入している場合には、その中古住宅を建てた業者を調べておく必要があります。

これは、どのような業者が建設、分譲を行なったかにより、その業者の信用度を調査する事になります。基本的に、大手のデベロッパーや中堅のデベロッパーなどが分譲した住宅であり、フラット35が使う事ができる住宅であった場合には、それなりの信用度と基準をクリアしているので、ある程度は安心できる物件ではないでしょうか。








【ポイント】

中古住宅は、その建物自体の状態の良し悪しを見分ける事が大切になりますので、自分で判断ができない場合には、専門家に依頼してみると良いでしょう。







スポンサーリンク


2008年01月29日 00:00