住宅ローンの利用のポイント

マイホーム購入と住宅ローン利用の流れ


スポンサーリンク


ここでは、マイホームの購入にあたり、住宅ローンを利用する場合のマイホーム購入と住宅ローンの利用時の流れを紹介しておきたいと思います。


マイホーム購入と住宅ローン利用の流れ


ここでは、住宅ローンを利用して、マイホームを購入する場合に行なう事になる内容を紹介しています。
ほとんどの人が、マイホームの購入や住宅ローンを利用するのは初めてだと思いますので、まずは、どのような事をどのような順番におこなって行くのかを、ここで把握して頂ければと思います。



住宅ローン利用時のマイホーム購入の手順


住宅ローンを利用した、マイホームの購入を行なう場合の手順は、下記のようになります。


1、物件情報を集める

 ↓↓↓↓↓↓

2、購入したいと思う物件が見つかった場合

 ↓↓↓↓↓↓

3、物件の購入を申し込む

 ↓↓↓↓↓↓

4、住宅ローンの申請、住宅ローンの審査の通過

 ↓↓↓↓↓↓

5、住宅の引渡し、頭金などの残りを支払う

 ↓↓↓↓↓↓

6、マイホームへの入居、住宅ローンの返済開始



住宅ローンを利用して、マイホームを購入する場合には、上記のような手順になります。上記の手順だけでは分かりにくいと思いますので、補足説明を下記にしておきたいと思います。



1、物件情報を集める


まずは、物件情報を集めましょう。
マイホームが欲しいと思っても、どのような物件がどれくらいの金額なのかを知る必要があります。
物件情報は、
 ・インターネット
 ・広告
 ・不動産会社
などの情報を元に、物件情報を調べ、良さそうな物件が見つかったら見学に行きます。
さらに、収入や預貯金などを元に、具体的に、どれくらいの値段の物件なら購入が可能かを調べておきます。




2、購入したいと思う物件が見つかった場合


購入したいと思う物件が見つかった場合には、不動産会社の担当者に資金計画のシミュレーションをしてもらいましょう。


また、不動産会社の担当者から貰った資金計画だけで判断をしないで、住宅ローンを取り扱っている色々な金融機関の情報も含めて、
 ・金利
 ・ローンのタイプ
 ・返済期間
などを十分に検討するようにしましょう。


ここで、出来るだけ色々な金融機関を見つけて、よさそうな金融機関での住宅ローンの資金計画の相談をしておきましょう。




3、物件の購入を申し込む


購入したい物件が決まり、資金計画もできたら、実際に住宅ローンを借りる金融機関を決めましょう。そして、住宅ローンの借入を行なう金融機関が決まったら、仮審査を申し込む事になります。


ここで、もしも、仮審査に通らなかった場合には、資金計画を再度、検討しなおす必要があります。
どうしても仮審査が通らない場合には、他の金融機関でも試算を行い、他の金融機関で仮審査を行なう事も検討しましょう。


金融機関によって、仮審査の基準には違いがありますので、ある金融機関では、仮審査に通らない場合でも、他の金融機関では、仮審査に通る可能性もあります。




4、住宅ローンの申請、住宅ローンの審査の通過


物件の売買契約が済んだら、すぐに住宅ローンを申込む事になります。
住宅ローンを申し込んだら、今度は、本審査が行なわれ、実際に金融機関が融資をしてくれるかが判断されます。


この時に、もしも、住宅ローンが借りられない場合に、ペナルティ無しに契約解除が行なう事が出来る、ローン特約を利用するようにしましょう。
さらに、物件購入や住宅ローンに必要になる諸費用やつなぎ融資についても調べておきましょう。



5、住宅の引渡し、頭金などの残りを支払う


住宅ローンの審査が無事に通ったら、住宅ローンの契約を行なう、物件購入の残金を支払い、物件の引渡しを受ける事になります。



6、マイホームへの入居、住宅ローンの返済開始


マイホームへの入居をして、住宅ローンの返済が開始されます。
物件の購入前後には、不動産取得税などの税金も課税される事になりますので、物件購入に関する税金について調べておきましょう。


また、住宅ローンを利用しているので、毎年、住宅ローン控除を受ける事ができますので、確定申告を行なうようにしましょう。









【まとめ】

マイホームの購入と住宅ローンについての簡単な流れは、上記のようになっています。
実際には、もちろん、もう少し細かい点まで知る必要がありますので、このサイトの他のページを参考にして頂ければと思います。







スポンサーリンク


2007年12月14日 23:00