基礎知識

マイホームへの要望は、購入する年齢によって違ってくる


スポンサーリンク


ここでは、マイホームの購入をしようと思っている人の年齢によって、どのような考え方や要望を持って、マイホームを選ぶかについて見て行きたいと思います。


マイホームへの要望は、購入する年齢によって違ってくる


マイホームを購入するのが多い年齢というと、社会人になり、ある程度の期間仕事をして、頭金になるお金を貯めてきている人だと思います。
しかし、中には、20代でマイホームを購入する人もいますし、人によっては、50代、60代と様々な年代の人が住宅を購入しているのが現実です。




20代の人がマイホームを購入する場合


20代の人がマイホームを購入する場合には、これからの人生をどのように生きていくかがまだはっきりと定まっていないかもしれませんが、まだまだ、住宅ローンの返済期間には、余裕がある年代になりますので、比較的、マイホーム購入での制約を受ける事が少なくなっています。



30代の人がマイホームを購入する場合


30代の人がマイホームを購入する場合には、30代にもなると子供が居る人が多くなると思います。もしも、子供がいる人が、マイホームの購入を考える場合には、子供の教育の事を考えて、子供の学校についても考える必要がでてきます。


また、子供がこれからさらに大きくなるにつれて、子供の教育費用もかさんできますので、住宅ローンと子供の教育費の2つの大きな支出についても考えておく必要があります。



40代の人がマイホームを購入する場合


40代の人がマイホームを購入する場合は、次第に、長期の住宅ローンを組むことが難しくなってくる年代です。あまりにも、長期の住宅ローンの返済プランにした場合には、晩年の返済が困難になる可能性もありますので、慎重に住宅ローンの返済計画をたてるようにしましょう。


住宅ローンを組んだ時には、それほど気にとめなくてもよかった老後資金については、50代になったぐらいからは、考えて計画を立てておいた方がいい年代になりますので、40代でも、このような点には注意をしておく必要があります。



50代、60代の人がマイホームを購入する場合


50代、60代の人がマイホームを購入する場合には、50代の場合には、まだ仕事をしている人がほとんどだと思いますが、新たに購入するマイホームで過ごす時間は、定年退職後の老後の時間が長くなりますので、50代、60代の人がマイホームを購入する場合には、老後の生活に適していると思えるマイホームにするようにしましょう。








【ポイント】

それぞれの年代によって、マイホームに求める必要条件などが違ってきますが、どの世代にも言える事は、目先の返済のみを気にして、短期間の事しか考えるのではなく、長期的な視点でも、住宅ローンやマイホームを考えるようにしましょう。







スポンサーリンク


2008年02月13日 20:00