物件情報の見方

新築一戸建ての広告の物件概要の見方


スポンサーリンク


ここでは、新築一戸建ての広告の物件情報を見た時に、必ずと言って良いほど載っている、物件概要についての解説しています。



新築一戸建ての物件概要の見方




インターネットや新聞の折込チラシ、住宅情報誌などを見ていると絶対と言っていいほど載っているのが物件概要です。
この物件概要は、「不動産公正取引協議会」に加盟している不動産業者が出している広告やチラシなどの物件情報では、必ず表記する事が義務づけられています。

*注)不動産公正取引協議会とは?
不動産公正取引協議会とはとは、不動産業界の自主規制団体になります。


この物件概要には、物件に関連する基礎情報が色々と載っていますので、しっかりと確認するようにしましょう。
その際に、分かりにくそうな項目については、下記の一覧で説明をしていますので、この一覧を参考に、物件概要の理解を深めて頂ければと思います。




新築一戸建ての場合の物件概要の項目説明




下記は、新築一戸建ての場合の物件概要の項目を説明しているものです。

物件概要 (新築一戸建ての場合)
項目名 内容説明 / 注意点
所在地 ●内容説明
所在地とは、販売している物件の区画の地番が記されています。
一般的に使われている住所とは違う登記簿に記載されている番号です。

また、もしも、物件の所在地が2つ以上の市区町村にまたがっている場合には、2つ以上の市区町村の代表的な地番を記載する事になっています。

●注意点
所在地は、地図で確認しただけでは、しっかりと把握できないので、実際に現地に行き、駅やバス停、買い物、通学に要する時間を調べておくと安心です。

また、所在地によって、通学する事になる学校もきまる事になるので、どの学校に通う事になるかも確認しておきましょう。
交通 ●内容説明
最寄の駅、バス停まで、どれくらいの時間で行けるかが記されています。ただし、実際に時間を計った訳ではなく、徒歩の場合には、1分80メートルとして時間を記しています。

●注意点
実際に、物件を購入する前に、この「交通」欄に載っている時間で行く事が出来るかを自分で確認しておくようにしましょう。
また、電車やバスの時間や本数も重要になります。
地目 ●内容説明
土地の利用目的を記しています。

●注意点
ほとんどの場合は、 「宅地」 です。
また、 「畑」 「山林」 「雑種地」 「公衆用道路」であったり、たまに 「田」 や 「用悪水路」という場合もあります。
地域・地区 ●内容説明
用途地域が記載される。
用途地域は、その地域にどのような建物を建てても良いかを定めたものです。

●注意点
用途地域が、「第1種低層住居専用地域」の場合には、住宅、小学校などが建設可能である。もしも、用途地域が「第2種住居専用地域」になると、パチンコ店まで、建設が可能になります。
建ぺい率
容積率
●内容説明
建ぺい率は、敷地面積の何パーセントまで、建物を建てていいかを表す建築面積を表します。容積率は、敷地面積に対して、何パーセントまでの延べ面積まで建物を建てられるかを表しています。

●注意点

建ぺい率、容積率は、建売りの場合には、気にならないが、更地を購入してから、住宅を建てる場合には、同じ広さの土地を購入しても、建ぺい率、容積率の違いによって、建てる事が出来る住宅の大きさが違ってきます。
総区画数 ●内容説明
住宅の開発をしている区画の全体の規模を表すもので、開発している区画の総戸数を表示しています。

●注意点
画数については、特に何かこだわりがない限り、気にする必要が無いと思いますが、もしも購入を検討している場合には、同一区画内に住んでいる人が居た場合には、「良い点」、「悪い点」などを聞いて情報収集をしてみては。
販売価格 ●内容説明
物件の販売価格の表示になります。

●注意点

分譲住宅で、価格の違う物件が複数ある場合には、最低価格と最高価格や一番多い価格帯が記されます。また、戸数も表示します。
道路
私道負担
●内容説明
「道路」は、住宅が接している道路の状態を記しています。
「私道負担」は、私道の負担が必要かどうかを記しています。

●注意点
「道路」については、住宅と道路の位置関係を確認して、不便がないかチェックしておきましょう。また、道路の幅員や舗装がされているかも確認できます。
「私道負担」がある場合には、「私道負担」部分には、住宅が建てれないので注意が必要。
「敷地面積200.00平方メートル(私道負担5.00平方メートルを含む)」というような記述がある場合には、200.00平方メートルから10.00平方メートルを差し引いた後の190.00平方メートルが実際に建物を建てる事ができる敷地面積になるので注意が必要。
入居予定 ●内容説明
物件に入居する事が可能となる日程です。

●注意点
基本的に、「入居予定」は、住宅が完成してから1ヶ月後になるのが一般的のようです。
手付金等の
保全機構
●内容説明
頭金などの手付金を支払う場合に、保証会社が「手付金等の保証書」を発行しますが、この「手付金等の保証書」を発行する会社を記しています。

●注意点
販売者が事業者である場合には、物件を購入する場合には、頭金として物件価格の10%程度を支払う事になります。
売主 ●内容説明
物件の販売業者の情報が載っています。
不動産販売の免許証番号も記載されています。

●注意点
免許証番号や販売業者名を元に信用できる販売業者であるかを調査しておくと良いでしょう。免許証番号を元に、業者名簿の閲覧をする事により、過去の取引き実績が確認できます。
広告有効
期限
●内容説明
物件情報の広告を販売する条件の有効期限です。

●注意点
この広告有効期限を過ぎた場合には、物件の販売価格が変わる事があります





【ポイント】

物件情報は、物件概要をよく見て、正確に物件の情報をつかみましょう。





スポンサーリンク


2008年03月22日 08:00