不動産会社の見極め方

不動産業者の規模の違いによる得ることの出来る情報の違い


スポンサーリンク


ここでは、不動産業者の規模によって、どのような情報を得ることが出来るのかについて説明しています。


不動産業者の規模の違いによる得ることの出来る情報の違い


一戸建て住宅やマンションなどを販売している不動産業者や仲介している不動産業者でも、日本全国に展開してる会社から、商店街の中にこじんまりと個人で営業をしている不動産業者など、色々な規模の不動産業者が存在します。


どのような規模の不動産業者でも、あまり変わらないのではないかと思われるかもしれませんね。また、出来るだけ大きな不動産業者の方が多くの情報を集める事ができるので情報量が多いのではないかと思われるかもしれませんが、大きな不動産業者、小さな不動産業者なでは、それぞれ、違った特徴を持っています。


ここでは、このような不動産業者の規模の違いによって、どのような特徴があるのかを見ていきたいと思います。




不動産業者の規模の種類


不動産業者には、全国展開している業者や地域密着型の個人経営の業者など、色々な規模の不動産業者が存在します。ここでは、大規模、中規模、小規模の3つに分類して、それぞれの特徴を紹介しておきたいと思います。



【大規模の不動産業者の特徴】

大規模の不動産業者とは、いわゆる大手の不動産会社になります。
大手である為、多くの人が名前を知っているような企業になります。

このような大手の不動産業者の場合には、首都圏を中心に、地方都市にまで多くの地域の情報をカバーしているのが特徴です。

また、このような大手の不動産業者になると、建設会社、分譲会社、管理会社までもグループ会社として持っている場合もあります。



【中規模の不動産業者の特徴】

中規模の不動産業者の場合には、特定の都市や地域を中心にチェーン展開しているような不動産業者です。このように、特定の地域をチェーン展開している為、その地域の情報を多く持っている不動産業者になります。

このような中規模の不動産業者の場合には、中古の住宅の売買を専門としているような不動産業者もあるようです。



【小規模の不動産業者の特徴】

小規模の不動産業者とは、地域密着型の個人で経営をしているような不動産業者になります。このような地域密着している不動産業者の場合には、その地域の不動産情報については、強い不動産会社になります。

また、長年、その地域で営業をしている不動産業者の場合なら、その地域での経験が豊富で、信用度が高い不動産業者であると考えられます。





このように、不動産業者によっても、規模の違いによって、得意とする情報に違いがありますので、あなたが望む住宅やマンションを見つけるために一番、マッチしていそうな情報を持っている不動産業者を利用すると、効率的に情報を収集する事ができるでしょう。









【ポイント】

不動産業者であっても、規模の違いによって、強い部分に違いがあるので、小さい企業規模であったも、良い情報がある可能性もあります。







スポンサーリンク


2008年04月13日 00:00