不動産の仲介手数料

一戸建て住宅、マンションを購入する場合の紹介手数料の有無


スポンサーリンク


一戸建て住宅やマンションなどの不動産を購入する場合には、仲介手数料を支払う必要がある場合と、仲介手数料を支払う必要が無い場合とがあります。


一戸建て住宅、マンションを購入する場合の紹介手数料の有無


一戸建て住宅やマンションなどを購入する場合には、「仲介手数料」が発生する場合と、仲介手数料が必要ない場合があります。
仲介手数料は、業者によって違いはありますが、2000万円の住宅を購入する場合には、70万円程度の仲介手数料を支払う必要があります。


このように、仲介手数料は、住宅やマンションの売買価格の「3.15%+63000円」が上限と決められていますが、基本的に、住宅やマンションは、価格が高額になる為、3%程度とは言っても、支払う事になる金額は高額になります。


この為、どのような場合には、仲介手数料を支払う必要があるかどうかを知っておく事で、支払う金額に違いがでてきますので、ここで紹介しておきたいと思います。
また、ここでは、新築の一戸建て住宅、マンションの場合と中古の一戸建て、マンションのように新築と中古とでは、少し、販売形態が違いが生じる為、その点もふまえて説明しておきたいと思います。


ここでは、分かり易くする為に、まずは、新築住宅、新築マンションと中古住宅、中古マンションの販売形態を説明しておきます。その後に手数料についても説明させて頂きたいと思います。




新築の一戸建て、マンションの場合の販売形態


新築の一戸建て、新築のマンションの場合の取引き形態は、

@「売り主」→「買い主」
A「売り主」→「販売会社」→「買い主」

のように2つのパターンがあります。

@の場合には、売り主である住宅、マンションを開発した会社が直接、販売しているケースになり、Aの場合には、住宅、マンションの販売の専門の会社が間に入っているケースになります。


買い主が支払う事になる、仲介手数料については、@のケースでは、不要になります。
また、Aの場合には、「販売会社」が「代理」か「媒介(仲介)」であるかによって仲介手数料の有無が違ってきます。

「販売会社」が「代理」である場合には、基本的には、仲介手数料は不要になります。
しかし、「代理」である場合でも、「販売提携(媒介)」である場合には、仲介手数料が必要になる事もあります。
また、「販売会社」が「媒介(仲介)」である場合には、仲介手数料を支払う必要が出てきます。




中古の一戸建て、マンションの場合の販売形態


中古住宅と中古マンションの売買を行なう場合には、新築の場合と違い

「売り主」→「仲介業者」→「買い主」

のような販売形態になります。


販売するのが、中古の一戸建て住宅や中古のマンションになりますので、基本的には、売り主は、企業ではなく、個人になります。

買い主が支払う事になる、仲介手数料が発生するかどうかについては、ここで出てくる、「仲介業者」がが「代理」か「媒介(仲介)」であるかによって仲介手数料の有無が違ってきます。


「仲介業者」が「代理」である場合には、基本的には、仲介手数料は不要になります。
しかし、「代理」である場合でも、「販売提携(媒介)」である場合には、仲介手数料が必要になる事もあります。
また、「仲介業者」が「媒介(仲介)」である場合には、仲介手数料を支払う必要が出てきます。




売り主、代理、媒介(仲介)の説明


今までの説明で、「売り主」、「代理」、「媒介(仲介)」という言葉が出てきました。今までには、説明上の流れから、これらの「売り主」、「代理」、「媒介(仲介)」についての説明をはぶいていましたので、ここで、「売り主」、「代理」、「媒介(仲介)」について説明しておきたいと思います。



【「売り主」とは?】

「売り主」とは、一戸建て住宅やマンションを建設を行った不動産会社の事になります。
自社が作成した物件を販売する事になる為、仲介手数料は不要となります。



【「代理」とは?】

「代理」とは、住宅、マンションを建てた不動産会社や個人などの一戸建て住宅やマンションの売り主から「代理権」を得て、物件の販売を行なう場合の不動産の販売会社のことを言います。

「代理」である場合には、基本的には、「仲介手数料」は発生しませんが、「販売提携(媒介)」のような場合には、「仲介手数料」が発生する場合もあります。



【「媒介(仲介)」とは?】

「媒介(仲介)」とは、一戸建て住宅やマンションの売買の「売り主」と「買い主」の間に入って、契約を成立される事が仕事の不動産業者(仲介業者)になります。

「媒介(仲介)」である不動産会社の仲介を経て、物件の売買の契約が成立した場合には、不動産業者(仲介業者)は、「仲介手数料」を手にする事になります。



仲介手数料が必要かを見分ける方法


購入しようと思っている住宅やマンションが、「仲介手数料」が必要であるかを見分ける方法とは、
 ・売り主
 ・代理
 ・媒介(仲介)
のどれであるかを見極める事です。
「売り主」や「代理」などで、仲介手数料が発生しない場合には、特に気にしないで良いと思います。

実際に、仲介手数料が発生する場合には、
不動産広告の「物件概要」の中に、
 ・販売提携(媒介)
 ・媒介(専任)
 ・媒介(専属)
などの記述がある場合には、仲介手数料が必要になります。

よく分からない場合には、不動産広告を出している販売会社、仲介会社などの不動産会社に確認しておくと良いでしょう。









【ポイント】

住宅は、価格が高い買い物ですので、購入前に、「仲介手数料」が必要であるかを確認して、「仲介手数料」も含めた資金計画を行ないましょう。







スポンサーリンク


2007年12月14日 00:00