不動産の仲介手数料

不動産を購入する時の仲介手数料の値段


スポンサーリンク


ここでは、住宅やマンションなどを購入する場合に、発生する事がある「仲介手数料」がどれくらいの金額になるかを知る方法を紹介しておきたいと思います。


不動産を購入する時の仲介手数料の値段


大手の不動産業者が開発を行なった一戸建て住宅やマンションなどの場合には、大手がそのまま売り主となって、一戸建て住宅やマンションを販売するので、仲介手数料は、発生しない事が多いようです。


しかし、中小の不動産業者が開発した一戸建て住宅やマンション、または、中古の一戸建て住宅や中古のマンションなどの場合には、「売り主」と「買い主」の間に、販売業者が入ってくる事が多くなる為、「仲介手数料」を支払う必要があります。


これは、販売業者が住宅やマンションの販売を行なった事に対しての報酬として、「仲介手数料」が発生する事になります。
この時の販売業者が受け取ることができる「仲介手数料」の金額については、上限が国土交通省の告示により決められています。




仲介手数料の計算方法


ここでは、実際に、どのような計算式で、仲介手数料の金額を計算できるかを紹介しておきたいと思います。ここで、仲介手数料の計算式を紹介しておくことで、あなたが、仲介手数料が必要な物件を見つけた場合に、自分で計算する時に利用して頂ければと思います。


【仲介手数料の計算式(簡易計算式)】

     物件の売買価格
  ×  報酬割合(3.15%以内)
  +  63,000円
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  =  仲介手数料


上記の計算式の条件には、下記の内容が含まれます。
 *1:400万円を超える売買価格の場合
 *2:消費税を含む金額
 *3:上記の「報酬割合」の「3.15%」は、上限です。
   業者によっては、さらに低く設定している場合もあります。




販売会社、仲介会社が複数あった場合


住宅やマンションを販売会社や仲介会社などの「仲介手数料」の支払いが必要になる方法で購入した場合に、場合によては、「売り主」と「買い主」の間に入る販売会社や仲介会社が複数ある場合もあります。

このように、販売会社や仲介会社が複数、間に入っている場合には、両方の会社に仲介手数料を支払わないといけないのでしょうか。
いえいえ、「買い主」が支払う仲介手数料は、実際に取引きをしている販売会社、仲介会社の1社のみで良いです。

買い主が支払った仲介手数料を複数の販売会社、仲介会社で分配する事になっています。









【ポイント】

仲介手数料を支払う必要がある場合には、簡単に計算する事ができるので、自分で計算を行い、物件価格にプラスして考えるようにしましょう。







スポンサーリンク


2008年04月24日 00:00