契約関連

重要事項説明書の内容でチェックするポイント


スポンサーリンク


ここでは、重要事項の説明を受けた時に渡される、「重要事項説明書」を見る時にチェックしておくと良いポイントを紹介しています。


重要事項説明書の内容でチェックするポイント


一戸建て住宅やマンションなどの不動産を購入する場合には、売買契約を行なう前に、宅地建物取引主任者によって、重要事項の説明を受ける事が、宅地建物取引業法で決められています。


この重要事項の説明を受ける時には、書面で説明を受けることになっている為、重要事項の説明の時には、「重要事項説明書」が渡される事になっています。
ここでは、この「重要事項説明書」のチェックポイントを紹介しておきたいと思います。




「重要事項説明書」のチェックポイント


「重要事項説明書」は、不動産会社によって、
 ・表現
 ・書式
に関しては、多少の違いがありますが、
基本的には、
 ・対象物件に関連する事項
 ・取引条件に関連する事項
の2つで構成されています。


この為、ここでは、「重要事項説明書」のチェックポイントについては、「対象物件に関連する事項」、「取引条件に関連する事項」の2つに分けて説明しておきたいと思います。



【「対象物件に関連する事項」のチェックポイント】

「対象物件に関連する事項」では、売買を行なう事になる物件に対しての取り決めが明記されています。
「対象物件に関連する事項」について、チェックする内容は、

 ・登記簿に記載されている物件の権利関係の状態の確認
 ・物件を購入して、物件を使用する時に法的な制限を受ける内容の確認
 ・登記簿謄本の最後に記載されている日付にて、登記簿謄本が最新の
  ものであるかの確認
 ・登記簿謄本の内容と重要事項説明書の内容が一致しているか確認
 ・登記簿の面積と実測の面積が違う場合には、両方の面積が記載されているか確認
 ・登記簿謄本に抵当権が設定されている場合には、抵当権が抹消されるタイミングと
  どのように抵当権を抹消するのかを確認
 ・一戸建て住宅やマンションを建てる場合には、都市計画法、建築基準法などの
  法律に従っている必要がある為、何も法令違反をしていない事を確認
 ・中古物件の場合は、下記の内容も確認
    ・私道負担やセットバックなどの条件があるか
    ・容積率、建ぺい率が、住宅建設当初と変わっているか
     (建て替え時に、今の住宅と同じ大きさの住宅が建てれるか)
    ・水道、ガス、電気などの供給施設、排水施設の整備状況と
     保証範囲と内容
 
のような内容になっています。



【「取引条件に関連する事項」のチェックポイント】

「取引条件に関連する事項」では、売買を行なう時の取引条件に関連する取り決めが明記されています。
「取引条件に関連する事項」のチェックする内容は、

 ・契約時に支払う手付金の確認
 ・手付金の保全処置の方法の確認
 ・手付金の保全処置を行なう機関名の確認
 ・契約を解除する時の条件
 ・契約解除に関連する項目の内容を確認
 ・住宅ローンが借りれなくなった場合の処置の確認
 ・その他の住宅ローンに関連する内容の確認
 ・住宅、マンションの購入代金以外に必要なお金の金額の確認
 ・住宅、マンションの購入代金以外に必要なお金の使い道、目的の確認
 ・損外賠償、違約金が発生する時の条件、内容の確認
 ・承認事項に関する内容の確認(通常、最後の部分に記載)


このような内容を「取引条件に関連する事項」部分では、チェックしておく必要があります。









【ポイント】

重要事項の説明を受ける時には、ここで説明している最低限の内容は、チェックしておく事で、後々に問題が起こった時に、トラブルにならない為に大切なチェックですので、面倒でも丁寧に確認しておくようにしましょう。







スポンサーリンク


2007年12月20日 21:00