契約関連

不動産の売買契約を行なった後の契約解除の種類


スポンサーリンク


ここでは、一戸建て住宅やマンションなどの不動産を購入しようと売買契約を結んだ後に、不動産の購入を取り止めようとした場合の契約解除の種類について説明しています。


不不動産の売買契約を行なった後の契約解除の種類


一戸建て住宅やマンションなどの不動産の売買契約を締結した後に、特に条件や問題などが無い場合には、不動産の売買契約を解除する事は、なかなか難しい問題となってしまいます。


この為、ここでは、まずは、不動産の売買契約を行なった後に、売買契約を解除する方法の種類を紹介しておきたいと思います。




不動産の売買契約の解除の種類


一戸建て住宅やマンションなどの不動産の売買契約の解除の種類とは、
 ・特約による契約解除
 ・手付金の放棄による契約解除
 ・契約違反による契約解除
 ・瑕疵担保責任による契約解除
 ・クーリングオフによる契約解除

などの契約解除の方法が存在します。


これらの契約解除の方法には、
 ・前もって売買契約の条件に入れておくもの
 ・売買契約に関係なく決まっているもの
 ・物件購入者を守る為のもの
のように分類する事ができます。
 



前もって売買契約の条件に入れておくもの


前もって売買契約の条件に入れておくものとは、
 ・特約による契約解除
の場合になります。


この特約とは、不動産の取引を行なう時に作成する、不動産の売買契約書の中に、売買条件として、「○○の場合には、無条件に契約の解除ができる」というような条件を入れておく事になります。


このような「特約」で決められる売買契約の解除条件は、「特約」として売買契約書に明記しておかないと効力がありませんので、不動産の売買を行なう場合には注意しておきましょう。


実際に、よく利用される特約には、
 ・ローン特約
 ・買い替え特約
などの特約が有名です。


注1)これらの特約の詳細については、このページの文章が長くなりすぎ、
   読みにくくなる点を考慮して、次ページ以降で説明していきたいと思います。




売買契約に関係なく決まっているもの


ここでは、売買契約に関係なく決まっているものについて紹介しておきたいと思います。
ローン特約や買い替え特約については、売買契約を行う時に条件として、意識して記述しておく必要があります。

しかし、
 ・手付金の放棄による契約解除
 ・契約違反による契約解除
のような売買契約の解除を行なう場合には、
個々の売買契約に関係なく一般的に行なわれている内容になります。


注1)これらの契約解除の詳細については、このページの文章が長くなりすぎ、
   読みにくくなる点を考慮して、次ページ以降で説明していきたいと思います。




物件購入者を守る為のもの


物件購入者を守る為のものとは、一戸建て住宅やマンションなどの不動産業者が売り主としての責任を取っていない場合などの場合に該当します。

具体的には、
 ・瑕疵担保責任による契約解除
 ・クーリングオフによる契約解除
のような場合になります。


注1)これらの契約解除の詳細については、このページの文章が長くなりすぎ、
   読みにくくなる点を考慮して、次ページ以降で説明していきたいと思います。









【ポイント】

売買契約を締結した後の売買契約の解除は難しくなりますので、住宅を購入する前には、十分にしんちょうになり、契約条件についても注意して取り決めを行なうようにしましょう。







スポンサーリンク


2008年05月28日 09:00