保証・アフターサービス

「住宅性能表示制度」の住宅評価を受ける


スポンサーリンク


ここでは、国土交通省の指定を受けた住宅性能評価機関によって、住宅性能表示制度の住宅の性能評価を受ける為の参考情報とメリットについて紹介しています。


「住宅性能表示制度」の住宅評価を受ける


住宅性能表示制度とは、国土交通省によって指定された住宅性能評価機関が公正な立場で、住宅の性能についての評価を行なう制度の事を言います。


一戸建て住宅やマンションなどが問題なく作られているか、また、性能がどうであるかなどに関しては、あまりにも専門的な知識が必要な分野になりますので、一般的に住宅を購入する人が、自分で確認を行なう事は難しいです。



また、このような住宅を購入する一般の人が行なうのが難しいですが、専門家に住宅を評価してもらいたくてもどこに依頼をすれば良いのかが分からない人には、住宅性能表示制度を利用すると良いでしょう。


また、住宅性能表示制度を利用する事で、後々、購入した住宅に問題があり、販売業者とトラブルになった場合や販売業者が倒産した場合などにもメリットがあります。




「住宅性能表示制度」を利用する方法


住宅性能表示制度の利用を行なうかどうかは、義務付けられていない、任意で行なう事になっています。
この為、
 ・売り主
 ・買い主
が、住宅性能表示制度を利用するかどうかを選択できます。
一般的には、住宅の売り主が住宅性能表示制度を採用するか、買い主が住宅性能表示制度の適用を希望するかによって、住宅性能表示制度を利用するかどうかが決まります。




「住宅性能表示制度」を利用した場合の費用


住宅性能表示制度を利用する場合には、もちろん、それなりの費用が必要になります。
一般的な住宅性能表示制度を利用した場合の費用は、
 ・10万円 〜 20万円
となっています。


10万円〜20万円という金額だけを見た場合には、かなりの費用になると思われると思いますが、数千万円の住宅を購入する場合の保証だと思うと安い金額だと思いますので、是非とも、住宅性能表示制度を利用する事をお勧めします。



「住宅性能表示制度」の性能評価の種類


住宅性能表示制度を利用した場合には、一戸建て住宅やマンションの色々な部分をチェックする事になりますが、さらに、住宅性能表示制度には、2つの種類があります。



【住宅性能表示制度の種類】

住宅性能表示制度の種類には、
 ・設計性能評価
 ・建設性能評価
の2つの種類の性能評価が存在します。

もちろん、せっかく住宅性能表示制度を利用するのですから、「設計性能評価」「建設性能評価」の両方の性能評価を受けておくと良いでしょう。




「住宅性能表示制度」のチェック内容


住宅性能表示制度を利用した場合には、一戸建て住宅やマンションの色々な部分をチェックする事になりますので、ここでは、どのような内容のチェックを行なうのかについて見ておきたいと思います。


【住宅性能表示制度のチェック内容】

・住宅の構造の安定に関連する部分のチェック
  ⇒ 耐震、地盤などの住宅の基礎部分についてチェックを行ないます。

・火災が発生した場合の安全に関連する部分のチェック
  ⇒ 警報装置、避難、安全対策などについてのチェックを行ないます。

・住宅の維持管理に関連する部分のチェック
  ⇒ 給水管、排水管、配管などの住宅の維持や管理を行なう為にどのような
    配慮が行なわれているかについてのチェックを行ないます。

・住宅の劣化を軽減する為の内容に関連する部分のチェック
  ⇒ 防腐、防蟻などの住宅の劣化を抑える対策についてのチェックを行ないます。

・住宅の空気に関連する部分のチェック
  ⇒ 住宅の空気に関連する部分とは、換気部分についてやシックハウス対策
    などについてチェックを行ないます。

・住宅の温熱に関連する部分のチェック
  ⇒ 住宅の温熱に関連するような壁、窓、断熱などに関連する
    内容をチェックします。

・住宅の光や視野などに関連する部分のチェック
  ⇒ 住宅の部屋の中へどれくらい光が入ってくるかという点で、
    窓の数、窓の大きさ、窓の位置などをチェックします。

・住宅の防犯に関連する部分のチェック
  ⇒ 住宅の窓などから不法に進入されない為の対策が行なわれているか
    についてなどをチェックします。

・住宅が高齢者などへの配慮があるかのチェック
  ⇒ 住宅がバリアフリーになっているかなどをチェックします。

・住宅の音に関連する部分のチェック
  ⇒ 住宅の音の漏れ具合など、住宅のサッシの遮音性能などをチェックします。
    *注)音に関するチェックを行なうかどうかは選択する事が可能と
       なっている為に、マンションなどではチェックを受けない
       場合があります。




「住宅性能表示制度」の評価の方法


住宅性能表示制度で行なう評価の方法は、住宅性能表示制度でチェックを行う項目を
 ・0〜3などのように等級で表示
 ・0〜3などのように数値で表示
などのように行なわれます。


一般的に、数値が高い程、評価が良いことになりますが、
住んでいる地域などにより、重要視される項目にも違いがあります。



中古住宅の「住宅性能表示制度」


住宅性能表示制度を受けた住宅については、5年間の保証を受ける事が可能となります。

このように、中古住宅でも住宅性能表示制度を受ける事は可能ですが、中古住宅が住宅性能表示制度を受ける為には、下記の条件に該当する必要があります。



【中古住宅が「住宅性能表示制度」を受ける為の条件】

中古住宅が「住宅性能表示制度」を受ける為の条件とは、

 ・新築住宅であった時に住宅性能表示制度などの
  公的な検査を受けている事
 ・築年数が15年以内の一戸建て住宅である事
 ・住宅保証気候の現場審査に合格している事

などを満たしている住宅になります。




「住宅性能表示制度」のメリット


住宅性能表示制度を利用する事のメリットとは
 ・住宅の品質を明確にでき、品質の確認ができる
 ・住宅に問題があり、販売業者とトラブルになった時に「指定住宅紛争処理機関」
  を利用する事ができる
などになります。



【販売業者とトラブルになった場合の「住宅性能表示制度」の活用】

住宅性能表示制度を受けている事で、もしも、住宅を購入して住み出した後に、住宅に欠陥がある事が判明した場合に国土交通省が指定した「指定住宅紛争処理機関」に紛争の処理を依頼できる事になります。


住宅を購入した場合に、特に問題が無い住宅であるのが理想ですが、中には悪質な業者が居て住宅に欠陥があっても誠実に対応をしてくれない場合などもあります。また、住宅の販売業者が倒産している場合などもあると思います。


このような場合には、住宅性能表示制度を受けていることによって、国土交通省が指定した「指定住宅紛争処理機関」に相談をする事ができ、また、「指定住宅紛争処理機関」に紛争処理の依頼も出来る事になっています。



【「指定住宅紛争処理機関」の費用】

「指定住宅紛争処理機関」に依頼をする時の費用ですが、
 ・1万円程度
となっています。










【ポイント】

住宅性能表示制度を利用する事で、住宅の品質の確認から住宅にトラブルがあった時の相談や紛争処理が行なえますので、多少の出費が必要になりますが、保険と思って、住宅性能表示制度を利用する事をお勧めします。







スポンサーリンク


2007年12月23日 07:00