不動産の登記

住宅購入時の登記簿の重要性


スポンサーリンク


一戸建て住宅やマンションを購入した場合に、必ず行なう必要があるのが、登記簿に登記を行なう事です。ここでは、この登記簿に関連する情報を紹介しています。


住宅購入時の登記簿の重要性


一戸建て住宅やマンションの購入を行なう時に大切になるのが登記簿です。
登記簿(登記記録)とは、一戸建て住宅やマンションの土地や建物が、現在、誰が所有しているかを公的に分かるようにしているものになります。


もしも、一戸建て住宅やマンションなどの不動産の購入をして、
売買契約を行ない、引渡しを受けた後は、すぐに自分名義で登記簿に登記を行なう必要があります。
これは、この登記簿に自分の名前で、登記を済ませる事によって、不動産が自分のものになったという事を公的に示すからです。



登記をしなかった場合のリスク


登記簿(登記記録)に自分の名義で登記をしていない場合には、
 ・第三者に購入される危険性
 ・差押えられる危険性
などの危険性が出てきます。
具体的に「第三者に購入される危険性」、「差押えられる危険性」については、それぞれ具体的に下記で説明していきたいと思います。



【第三者に購入される危険性】

登記簿に自分の名義で登記をしていない場合には、悪徳な不動産業者から住宅(不動産)を購入した場合には、第三者に住宅を売られてしまう可能性があります。

これは、登記簿に登記されている名義がその住宅(不動産)を購入した人になっていない場合に、不動産業者が第三者に住宅(不動産)を売買して、その第三者が住宅(不動産)の所有権を有する事になってしまいます。

このような場合には、その住宅(不動産)は、第三者の物となり、取り返す事ができなくなりますので、売買契約を行なった後は、できるだけ早く、所有権移転手続きを行い、自分の名義で登記しておくようにしましょう。

なお、登記を行なう前に、仮登記という方法があります。
この仮登記を行なう事で、住宅(不動産)の登記の順位を確保しておく事も可能です。



【差押えられる危険性】

一戸建て住宅やマンションを購入したが、購入者が自分の名義で登記を行なっていない場合には、購入した一戸建て住宅やマンションなどは、不動産業者の所有物になっている場合があります。

このような場合に、不動産業者が
 ・借金(債務)がある場合
 ・税金を滞納している場合
などの場合に、借金や税金の取り立ての変わりに、購入した住宅(不動産)を差押えられる可能性が出てきます。

このように、一戸建て住宅やマンションの購入者が登記を済ませていない場合には、上記のような差押えは有効な物となりますので、場合によっては、購入した人が変わりに、借金の返済や税金の支払いを行なう必要が出てきます。

このような事にならない為にも、登記は速やかに行なうようにしましょう。



仮登記という方法もある


登記を行なう為には、契約後に、引渡しなど色々おこなう事があり、売買契約を行なっただけでは、登記の申請が行えない場合があります。

このような場合には、住宅(不動産)の仮登記を行なう方法があります。
住宅(不動産)の仮登記は、仮登記を行なうことで、本登記を行なう順番を確保する事ができます。

この為、住宅(不動産)の購入の予約をして、内金を支払った時に仮登記をするようにしましょう。仮登記をする事で、本登記前に不法に不動産業者に第三者への住宅(不動産)の売買を防いだりする事ができます。








【ポイント】

登記簿(登記記録)への登記は、住宅(不動産)が自分の所有物である事を公的に証明するものになりますので、住宅(不動産)の購入し、契約、引渡しが行なわれた後は、速やかに登記を済ませましょう。
また、より確実にする為には、仮登記をしておく事もお勧めです。







スポンサーリンク


2007年12月14日 03:00