不動産の登記

不動産登記によって貰える「権利証」の取り扱い注意点


スポンサーリンク


ここでは、不動産登記を行なった後にもらう事ができる「権利証」についての注意点を説明しています。


不動産登記によって貰える「権利証」の取り扱い注意点


一戸建て住宅やマンションなどを購入したた、登記簿に不動産登記を行い、所有権移転登記を行なう事になります。
この不動産登記を行なった後には、「権利証」、「登記識別情報」の交付を受ける事になります。


もちろん、この「権利証」、「登記識別情報」は、大変重要な物になりますので、紛失しないようにしなければいけませんが、もしも「権利証」を紛失したり、「登記識別情報」を忘れた場合には、大変な作業を労する事になりますので、注意が必要です。



なぜかと言いますと、「権利証」を紛失したり、「登記識別情報」を忘れた場合には、原則的には、「権利証」、「登記識別情報」は、再発行をしてくれない事になっているからです。


この為、もしも、「権利証」を紛失したり、「登記識別情報」を忘れた場合には、
 ・郵便での本人確認
 ・司法書士などの専門家による面談での本人確認
を行なう必要がでてきます。



このように、「権利証」を紛失したり、「登記識別情報」を忘れた場合には、多くの手間をかけて、再度、不動産登記を行なうことで、新たに、「権利証」、「登記識別情報」の交付を受ける事になります。


このように多くの労力と時間が必要になりますので、「権利証」、「登記識別情報」の保管には注意しましょう。




「権利証」、「登記識別情報」は、何に使うの?


このように、再発行をしてもらえない
 ・権利証
 ・登記識別情報
ですが、では、どのような時に、「権利証」、「登記識別情報」が必要になるのでしょうか?


「権利証」、「登記識別情報」が必要になるのは、
 ・住宅などの不動産を売却して所有権移転登記を行なう時
 ・融資を受けて、抵当権の設定を行う時
のような場合になります。









【ポイント】

「権利証」、「登記識別情報」は、再発行はしてもらえません。
もしも、紛失したり忘れた場合には、本人確認を行なった後に、再度、登記を行なう手間が必要になりますので、くれぐれも紛失したり忘れたりしないように注意しましょう。







スポンサーリンク


2008年07月01日 06:00