不動産の登記

登記についてもオンライン化が進んでいます


スポンサーリンク


ここでは、オンライン化が進んでいる登記についての情報を紹介しています。


登記についてもオンライン化が進んでいます


最近では、電子政府なども出来て、市役所や区役所に出向いてもらっていた書類の申請がインターネットのオンラインでも行えるようになってきています。
このような動きは、「登記」についても同じようにオンライン化が進んでいます。


「登記」のオンライン化は、平成17年3月に施行された「新不動産登記法」によって進められています。



今までのようなオンライン化されていない場合には、不動産登記を行なった場合には、「権利証」が交付されていました。しかし、「登記」のオンライン化によって、「登記識別情報」が交付されるようになりました。


「登記識別情報」とは、12桁の暗証番号になっています。
このような「登記識別情報」を発行する「登記」のオンライン化は、登記所によって順次行なわれていく事になります。



このように「登記」のオンライン化が進められるにしたがって、既存の「権利証」とオンライン化後の「登記識別情報」の取り扱い、管理を行なっている場所にも変化が現れてきています。


そては、既存の「権利証」を管理している登記所の事は、「ブック庁」と言われ、また、オンライン化されて管理している「登記識別情報」の登記所は、「コンピューター庁」と言われています。



このように分かれた事によって、登記情報を請求した場合にもらう事ができる書類にも変化が出てきています。


従来からの「権利証」を管理している「ブック庁」に登記情報を請求した場合には、今まで通り「登記簿抄本」を貰うことができます。
しかし、「登記識別情報」を管理している「コンピューター庁」に登記情報を請求した場合には、「登記事項証明書」をもらう事になります。



このように、登記情報を請求する先が違うだけで、貰える書類の名前が違ってきています。なお、ブック庁の「登記簿抄本」とコンピューター庁の「登記事項証明書」の内容は同じ物です。








【ポイント】

「登記」に関してもオンライン化が進み便利になってきていますが、使い慣れるまでは、かえって面倒な感じもすると思います。







スポンサーリンク


2008年07月10日 18:00