「あ行」の用語一覧

「RC構造(アールシーコウゾウ)」の用語解説


スポンサーリンク


ここでは、「RC構造(アールシーコウゾウ)」の用語の解説を行なっています。もしも、「RC構造」についての意味が分からない場合には、ここで紹介、解説している「RC構造」の内容を参考にして貰えればと思います。



RC構造(アールシーコウゾウ)とは?


RC構造(アールシーコウゾウ)とは、英字で表示した場合には、「Reinforced Concrete Construction」と言ったような文字になり、この英語のアルファベットの頭文字を略して「RC構造」と言うように言われています。

このRC構造という言葉は、建築用語としては比較的に多く使用される事があり、建築関連の仕事をしている専門家だけではなく、一般人にも知られている場合も多い言葉でもあります。


RC構造の意味としたは、日本語にして表記すると、「鉄筋(てつきん)コンクリート構造」と言った名称になります。鉄筋コンクリート構造で建築を行なう場合には、建築現場では柱、梁や壁面に鉄筋を配筋しておき、その周りを型枠で覆って、そこにコンクリートを流し込み、鉄筋とコンクリートを組み合わせることによって、鉄筋とコンクリートを付着させて強度の高い構造体を作る時に使われます。

この為、RC構造(鉄筋コンクリート構造)は、強度が強いので、マンションや商業施設などのような中層階の建物などの施工にするケースがあります。



スポンサーリンク


2013年01月24日 23:46