「あ行」の用語一覧

「アイランド型キッチン」の用語解説


スポンサーリンク



ここでは、「アイランド型キッチン」の用語の解説を行なっています。もしも、「アイランド型キッチン 」についての意味が分からない場合には、ここで紹介、解説している「アイランド型キッチン」の内容を参考にして貰えればと思います。




アイランド型キッチンとは?

アイランド型キッチンとは、台所のキッチン部分を壁から離して部屋の中央に設置したキッチンのことになります。シンクやガスコンロ、そのほかの作業を行なう部分は、従来なら壁に沿って設置されている事が多かったと思いますが、アイランド型キッチンにする事で、島の様な形式になる事からアイランド型と言われています。

アイランド型キッチンのメリット、特徴としては、壁に沿って設置されていた場合と比較すると、作業スペースが広くでき、さらには、周囲に人が歩いたり、多くの人数での作業を行う事ができると言ったメリット、特徴があります。


また、調理をする時に、今までの壁に沿ってシンクやガスコンロ、作業スペースが設置されていると、壁に向かって黙々と作業をすると言った感じになりますが、アイランド型キッチンの場合には、部屋の全体を見渡しながら調理が出来るので、小さな子供を部屋で遊ばせつつお母さんが料理をしたり、家族と会話をしながら調理が出来ると言ったメリットもあります。

この為、ホームパーティーを行なう家庭などの場合には適している台所になるのではないかと思います。また、アイランド型キッチンの使い方としては、料理を作るだけではなく、アイランド型キッチンの奥行きを広げておいて、片側にカウンター席を設けることで、簡易的な食事スペースを作ることが出来ます。また、お酒が好きな人の場合には、ホームバーのようにして使う事が出来ると言った使い方もあります。




スポンサーリンク


2013年02月05日 12:41