「あ行」の用語一覧

「アスベスト」の用語解説


スポンサーリンク



ここでは、「アスベスト」の用語の解説を行なっています。もしも、「アスベスト」についての意味が分からない場合には、ここで紹介、解説している「アスベスト」の内容を参考にして貰えればと思います。




アスベストとは?

アスベストとは、石綿(いしわた)や「せきめん」などとも呼ばれるもので、人体に有害であると言うことで話題になり、今でも住宅にはアスベストを使用しないという事が当たり前になっています。実際にアスベストという言葉を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

アスベストは石綿(いしわた)とも言われているものですが、珪酸(けいさん)やマグネシウムを主成分として作られた繊維状の鉱物のことです。この繊維状の鉱物であるアスベストは、安価な建築材料と言う事で、1970年代を中心として多くの住宅で使われるようになっていました。

具体的には、補強材、絶縁材、耐熱材、耐火断熱材などとして住宅を作る時にアスベストが使われていたことが多かったようです。

アスベストは、石綿でもあるので、非常に小さい繊維で、直径1ミクロン以下という非常に微細で細長い繊維となっており、非常に小さいので、人が意図せず吸い込んでしまうということがありました。

このアスベスト(石綿)を吸い込むことによって、石綿肺であったり、ガンなどの病気を引き起こす原因になるというのが社会問題になりました。このような人体に有害な成分であるアスベスト、石綿については、当初は、それほど問題にはなっていなかったが、病気になる人が増えたり、社会的に注目されると言う事もあり、2004年には、アスベスト、石綿を使用することは原則として禁止になっています。

基本的に一般的な家庭の住宅については、アスベスト、石綿を使用する事は禁止されていますが、石油プラントなどの一部では代替品の手当てが見つかるまでは使用されていたようですが、厚生労働省では、平成18年9月1日からは、前面的にアスベスト、石綿の使用が禁止されました。

今後のアスベスト、石綿の問題点としては、昔に建てられた建築物などを解体する時に飛散することによって、周りの人に害を与える可能性があるので飛散防止対策や処理方法が問題になっています。




スポンサーリンク


2013年05月13日 15:44