「あ行」の用語一覧

「上げ下げ窓(あげさげまど)」の用語解説


スポンサーリンク



ここでは、「上げ下げ窓(あげさげまど)」の用語の解説を行なっています。もしも、「上げ下げ窓」についての意味が分からない場合には、ここで紹介、解説している「上げ下げ窓」の内容を参考にして貰えればと思います。




上げ下げ窓(あげさげまど)とは?

上げ下げ窓とは、2枚のガラス戸を上下に並べた状態の窓のことを言います。このような上下に並べた状態の窓になるので、窓を上下にスライドさせて、窓の開け閉めをする事になります。このように、窓の開け閉めを上下に行なう窓の事を上げ下げ窓と言います。

このような上げ下げ窓という形式の窓は、欧米などでよく利用されている窓としても知られています。上げ下げ窓を利用する場所というのは、住宅の強度を強くする必要があり、例えば、両側の窓を耐力壁にしないといけないような構造上の理由によって、窓の大きさを大きく出来ないばあいでも寒気の為であったり、採光の為に窓を設置したい場合に有効な方法と言われています。

上げ下げ窓の場合は、雨仕舞いが良いといったメリットもあり、網戸や面格子などについても外側に設置する事ができます。この点、設置しやすいというメリットもありますが、しかし、ガラス戸を上下に動かして開けたり閉めたりする事になるので、地窓や高窓に利用する場合には不向きであるとも言われています。

ただし、上げ下げ窓の場合には、一般的な場合は、窓の面積が一般的な窓よりも狭くなるので、換気など、窓を大きく開けたいひとには適していないのかも知れません。ただし、一般的な窓と比べると戸車がない構造になるので、気密性が高くなると言ったメリットがあります。

上げ下げ窓には、いくつかの種類があり
・シングルハング窓
・ダブルハング窓
・バランス上下窓
などの違いによりいくつかの種類があります。

シングルハング窓の場合には、上側の窓ははめ殺しになっているので動かせません。その代わり下側のみが動かせるようになっています。

ダブルハング窓の場合には、上下の両方の窓を開け閉めする事が出来るようになっています。バランス上下窓の場合には、上下の窓が連動して動くものとなっています。




スポンサーリンク


2013年06月03日 13:53